葬儀の流れ

  • HOME
  • 葬儀の流れ

株式会社シモカワは、創業50年の実績とキャリアで安心の内容と料金・規模・スタイルを問わず心のあるお葬式を第一に考えます。お客様の価値観を最優先させていただきますので、安心してお任せください。その時のために事前相談とお見積りをお勧めしていますのでお気軽にお電話ください。また事前にお葬式の費用が準備できる安心保険プランもご用意し、お葬式に関するすべての疑問を厚生労働省認定1級葬祭ディレクターが丁寧にサポートします。
火葬のみ・家族葬・オーソドックスなお葬式はもちろん社葬・式場葬・家族葬・ホテル葬・音楽葬・自然葬まで、お客様のご意向に合わせて、幅広くプロデュース致します。

株式会社シモカワはイオンリテール特約葬儀社です。

1.病院からの搬送

1.病院からの搬送

1.病院で亡くなられた場合すぐに自宅(またはお通夜式場)へ御遺体を搬送します。
<当社では24時間体制で寝台車で伺います>
<自宅ではなく、会館へ直行も可能です>

2.自宅で亡くなられた場合は、すぐ医師に連絡して死亡診断書を受取ります。
(これがなければ死亡届を出せません)

3.お寺様と葬儀社(当社)へ連絡をして葬儀の日取りを決めます。

2.葬儀打合せ

2.葬儀打合せ

葬儀内容の決定
喪主を決めます。
通夜・葬儀の日時,式場を決定。
葬儀の規模と予算を決めます。
世話役や主な係を決めます。

準備と手配
当社が素早く手配致します。

3.死亡届、葬儀連絡

3.死亡届、葬儀連絡

●死亡届、役所へ届出はすべて株式会社シモカワで代行致します。
埋火葬許可証がないと、火葬することができません。
ご自分で届出する場合は出棺までに許可証を受け取っておかなければなりません。

⇒千葉県習志野市役所

⇒千葉県船橋市役所

●各方面への連絡
死亡連絡は通夜・告別式の日時が決定してから連絡した方が1回で済みます。
1.親戚へ連絡します。
2.友人や勤務先など関係先へ連絡します。
※特に勤務先の場合、社内で中心となって伝達してもらえる上司などに連絡します。
※この時勤務先などに受付係などのお手伝いを依頼する場合、一緒にお願いします。

4.通夜 準備

4.通夜 準備

葬儀でかかる経費を大きく分けると
●寺院等のお布施
●祭壇葬具料
●料理などの飲食代・返礼品
●火葬料金や斎場使用料などの雑費です。
予算の範囲内で無理のない適切な選択をしたいものです。

株式会社シモカワでは祭壇葬具料を葬儀一式料金として、コースに応じて祭壇・棺・御遺骨入・焼香用具一式・その他装飾品などランクに分け、基本的なものがすべてセットになった料金設定をしております。ご予算に合わせわかりやすくお見積りさせていただきます。
詳しくは当社までお問い合わせください。

5.遺品装飾

5.遺品装飾

故人様の思い出の品などを式場に飾ります。

6.通夜

6.通夜
  • 事前にご供花・ご供物を並べる順番を決め、担当者に伝えます。
  • 受付役員の方にはできれば1時間前には会場にお越しいただきましょう。
  • お勤めの終了後、僧侶にお礼の挨拶をし、御車代や御膳料・お布施などをお渡しします。この時に翌日の開式時間も間違いがないよう確認しておきます。
  • 一段落したら、告別式の準備として火葬場までお供される方の人数を把握しておき、車の配車配分・精進落としなどのお料理の数などを決めておきます。

7.葬儀、告別式

7.葬儀、告別式
  • 葬儀当日のスケジュールを確認しておきましょう。
  • 遺族・親族の方、受付役員は1時間前~30分前には会場にお越しいただきましょう。
  • 喪主もしくは親族代表は出棺前の挨拶がありますので準備しておきます。
  • 精進落としの際、召し上がる前に喪主よりねぎらいの挨拶をします。その後、近親の年長者の方に献杯していただきます。事前にお願いしておきましょう。

⇒挨拶文の参考サイト

8.出棺、火葬 その後

8.出棺、火葬 その後
  1. 葬儀の翌日かその次の日までに葬儀の時にお世話になった方々へ挨拶回りを行います。
  2. 四十九日あるいは三十五日法要の日時を決めます。
  3. 納骨は葬儀の日、葬儀後の二、三日のうちに四十九日または三十五日法要の後などいろいろです。寺院と相談の上、日時を決めて事前にお墓を清掃して納骨堂があけられるようにしておきます。
  4. 役所ほか種々の手続きをします。
  5. 親族やごく親しい方々に形見分けをします。